NEWS新着記事

VISION安田塗装の社会貢献活動

「社会にとってなくてはならない企業」を目指して

人や企業の価値を、「どれだけの金銭や利益を手にすることが出来るのか」という経済的能力に委ねた時代は、私たちの住む環境に取り返しのつかない損害をもたらしました。そして今、そうした経済至上主義はもはや過去のものとなりつつあります。いや、むしろ、過去のものとしなければならないのかもしれません。
近年、先進国の心ある企業を中心に、CSR(企業の社会的責任)やSRI(社会的責任投資)といった社会貢献意識が高まり、企業の目的は利潤の追求でありながら、現在では、社会貢献抜きに銭勘定に終始している企業は、企業活動そのものに疑問を持たれるまでとなりました。

先進国社会の一員である以上、自社利益のみの小さな殻に閉じこもることを良しとせず、たとえ中小企業であっても、社会的な責任を持つことはもとより、積極的に社会に貢献してゆく。これこそが、企業の使命でなければなりません。

安田塗装では、「施工品質および経営品質の向上」は大前提としながらも、「社会貢献活動および環境活動」を最重要視し、お客様によってもたらされた利益を、事業のためだけではなく、社会と環境に還元する活動に継続的に参加させて頂こうと決意しました。

そして、この活動に建築塗装業としての強みを最大限発揮するため、塗料メーカーや販売店、同じ志を持つ全国の同業者の連帯である「塗魂ペインターズ」に参加させて頂きました。
利害を超えた目的に向かい、友との絆を深め、幅広い人々との連帯を広げることこそが、1人の力を何倍にも強めることになり、ひいては自社が社会にとってなくてはならない企業へと成長する礎となることを確信しております。

そして、社会貢献および環境貢献活動に積極的に参加した企業こそが、自社の足下を確固たるものにし、社会にとってなくてはならない企業に成長しうることを、私たちの身をもって証明させて頂く所存です。

株式会社安田塗装 安田啓一

八千代児童発達支援センター

誉さん、墨田さん親子

誉さん、墨田さん親子

森さんごご夫婦と川又さん

森さんごご夫婦と川又さん

塗魂東京長、関東長、会長

塗魂東京長、関東長、会長

プラチナ大野さんと総指揮の菅野さん

プラチナ大野さんと総指揮の菅野さん

菊水化学工業の菅野様

菊水化学工業の菅野様

八千代児童発達支援センター 八千代児童発達支援センター

関東塗魂ペインターズ、今年の最後のボランティアは八千代市の児童支援発達センターです。

地元、菅野建装の代表で、かつ、関東塗魂ペインターズの相談役でもある菅野社長が打ち合わせから下準備を行い作業後は忘年会も行う予定で、多くの関東のメンバーが集う、和やかな活動となりました。

喜んで頂ける塗魂ボランティアの背景には、このように、労を惜しまず、献身的に動いて下さる陰の功労者が必ずいます。

そして、このように陰の功労者を敏感に察知し、労い、感謝できる組織であるからこそ、発展し、温かい人間の血が通った組織へと成長してきたのです。

1週間前に行われたれんげ学園同様、テレビ局が入ったり、子供たちと一緒に行うイベントのように自分たちにスポットライトが当たるような活動ではありませんが、私達こそが光源となり、予算が厳しく、光の当たらない施設にスポットライトを当て、先生や子供たちが、満面の笑みを浮かべ「きれいになったね」と喜んでくれる、かけがいのないボランティア塗装となりました。

先哲曰く、「人のために火をともせば・我がまへ明らからかなるがごとし」

生きていれば、否、生きているからこそ、様々な悩みも絶えることはありません。

日曜も休むことなく、ボランティアどころではないのではないかと嘲笑されることもあります。

取引先の入金が遅れ、資金繰りに翻弄されることだってあります。

人のため、社会貢献と言えども、大企業でないが故、時間や予算に乏しく、けして大きく華々しいことは出来ないかもしれません。

それがどうしたというのでしょう…

私たちは、そんなことは取るに足らないこと…

心は生涯青春の気概は忘れたくはないのです。

たとえ中小企業であっても、今日も、明日も、経済活動だけにとらわれることなく、自分のことだけで汲々とすることなく、時間的には永遠を、空間的には世界を見つめ、夢は大きく、大空を駆け巡るように、そして、出会う人一人一人に真心を込めて触れ合い、充実しきった人生が生きられるはずです。

このことを、わが身の人生をもって証明して行こうというのが私たち塗魂ペインターズなのです。

そんな私たち塗魂ペインターズを支えて下さる、副資材をご提供下さました、好川産業様、三興塗料様、休憩中の飲み物をご提供くださいました、日進中部様、また、高耐久の新製品をご提供くださいました菊水化学工業様に心より感謝申し上げます。

れんげ学園

れんげ学園 誉さんと伊集院さん

誉さんと伊集院さん

小杉さん、片山さん、伊集院さん

小杉さん、片山さん、伊集院さん

長友さん、金塚さん、川又さん

長友さん、金塚さん、川又さん

金塚さん

金塚さん

カルテット宇野さん

カルテット宇野さん

金塚さんご夫婦

金塚さんご夫婦

リトアニアのカウナス市での杉原ハウスプロジェクトを無事成功をおさめ、帰国して最初の塗装ボランティアは東大和市の児童養護施設れんげ学園の内部塗装です。

児童養護施設の入所理由はここ30年で様変わりし、かつて入所理由の大半であった親との死別や、両親の不和ではなく、児童虐待や経済的理由が最も多いとのことです。

このような施設では、一人当たりの先生のご負担も大きく、建物に対しても、雨漏りなど、建物にとって致命的な欠陥を改修する予算は捻出されても、建物をきれいにするまでの予算は出ることは稀で、職員の皆様でペイントしていたとのことでした。

しかしながら、毎日生活する場がきれいであるか否かは、建物にとって致命的な欠陥とはならなくても、生活している子供たちの心には大きな影響をもたらすことは、教育に携わっている先生にとっては知悉していたに違いなかったのでしょうか…

縁あって他の児童養護施設で出会った先生から連絡を受け、塗魂の西東京のメンバーが中心になり内部共用部の塗装をさせて頂きました。

塗魂東京長曰く「テレビ局や新聞社が取り上げられるような大きなイベントとしてのボランティアではなく、このように誰の目にも触れることのないボランティアこそが大切なのでしょうか…」

マスコミが報道されることを前提としたボランティアでもなく、子供たちと一緒になってイベントを行うような、華やかでスポットライトが当たるような大きな活動ではありませんが、繁忙期の多忙な中、経済活動としての現場を空け、施設の子供たち一人一人の将来に思いを馳せ、誰も目に触れないところで、黙々と作業に徹するこの日集った塗魂メンバーの尊い姿に、あらためて一人の人間としての真価を垣間見る思いで参加させて頂く活動となりました。

作業も終わりに近づくと、ランドセルを背負った子供たちが帰ってきて、驚いた顔をして中を覗き込みます。

手や服にペンキが付かない様に気を付けて中に入りながら、「きれいになったね」との一人一人の笑顔に照らされ、経済活動としての塗装を忘れ、ペンキ屋の親父として、一人の人間として充実した瞬間を刻ませて頂きました。

さて、このような私たちの活動ができるのはほかでもない、道具や塗料、休憩時間の飲み物やお菓子まで支援して下さる協賛メーカー、応援団の皆様がいらっしゃるからなのです。

誰の目に触れることもない、ささやかなプロジェクトを察知し、副資材や飲み物をご提供くださいました、好川産業様、三興塗料様、日進中部様、そして最新の機能塗料をご提供下さいました菊水化学工業様に衷心より感謝申し上げます。

陰の大功労者

感謝状を受け取る平尾社長

感謝状を受け取る平尾社長

平尾社長と上林さん

平尾社長と上林さん

塗魂ペインターズ

塗魂ペインターズ

ネタ場管理のペインターズ

ネタ場管理のペインターズ

クライデェツァイト(ドイツ製)

クライデェツァイト(ドイツ製)

陰の大功労者 陰の大功労者 陰の大功労者

 敬愛なるプラネットジャパン 平尾和眞様

-スギハラハウスプロジェクト 陰の大功労者-

「人間は誰しも幸福に生きる権利があり、誰も置き去りにしてはならない」

塗魂ペインターズは、9月初め、今再び、世界に漂う差別主義や国家主義の兆しの暗雲を打ち破り、杉原千畝の世界市民としての魂の鼓動を蘇らせ、「民衆による誓いの連帯」による平和実現の大切さをカウナスから世界へと発信するため、カウナスの杉原千畝記念館の再生に携わらせて頂くことができました。

お忙しい中、現地に馳せ参じて下さった皆様はもとより、寄付をお寄せくださいました皆様、日本で成功を祈り見守って下さいました皆様に、あらためまして心より御礼申し上げます。

なかんずく、予め現地に赴き、リトアニア文化遺産局との打ち合わせから、仕様決定、材料支給、材料搬入の事前確認等、このプロジェクトの根幹を、全て無償にて担って下さったプラネットジャパン平尾社長ご夫妻に心より感謝申し上げます。

この建物は、カウナス市から塗魂ペインターズによるボランティア塗装が許可されたとはいえ、市民の皆様にとっても平和の大切さを世界へと発信する大切な財産であること、また、国境を越え、世界記憶遺産の申請中ということもあり、リトアニアの文化遺産局の合意を得られなければ何も手を付けられない状態でした。

すでに日本国内においては、新聞などで、塗魂ペインターズによるスギハラハウスのボランティア塗装が決定事項として扱われていた7月になっても、実は施工仕様が何ら決定していないという状況だったのです。

そんな中、平尾社長は、自分のためではなく、塗魂ペインターズの信頼を失わせてはいけないという真心と責任感から、奥様と共にリトアニアまで渡航し、リトアニア語の通訳を雇い、友人である隣町のビリニュスのサウリウアス氏の協力を仰ぎ、十数回の打ち合わせを根気よく続けて下さったのです。

その目に見えない陰のご尽力があったからこそ、文化遺産局の背中を後押しし、施工仕様が決定され、この時点で初めて、塗魂ペインターズのボランティア施工が正式に認められたのでした。

実に、塗魂が渡航する日程の、わずか1ヶ月前のことでした。加えて、上記の段取りは、すべて平尾社長ご自身と、サウリウアス氏の手弁当で実施されたのです。

さらに、私たち塗魂本隊が赴く前日にはカウナスに前乗りされ、材料の仕入れ確認をし、二人揃って私たちを出迎えて下さったのです。

ここまでして、平尾社長が動いて下さった背景には、社長自身の誠実なる人間性はもちろんのこと、スギハラハウスをドイツ製の塗料で再生させることに、ご自身自ら、深い意味を見出して下さったからに他なりません。

平尾社長がこの材料の輸入元であるドイツ『クライデツァイト』社のスタッフや関係者の皆様の前で、今回のプロジェクトの話した折、ドイツ人の恩師が優しく微笑み、

「たとえ僅かでも、過去の歴史の償いになれることは、とても意義深いことです。平尾さん、ありがとうございます。」と声をかけられたのです。その恩師の真心に何としても応えたいという、平尾社長の深い決意があったからに違いありません。

我が師曰く、「陰の立場の人が本当に大切である。幹部は、その人たちの心を大切にしていかなければならない。陰の支えがあって、表舞台で活動させて頂いているということを、けして忘れてはならない」

そして、「知恩 、報恩は人間性の精髄である 。忘恩は人間性の放棄である 」

さらに、「陰で奮闘してくださっている方々への、深い感謝の思いがあってこそ、組織に温かい人間の血が通うんです。それがなくなれば、冷淡な官僚主義となってしまう。」と

このようにスギハラハウスの再生に深い意義を見出し、陰で献身的に動いて下さった方がいたからこそ、このプロジェクトが成功を収めることができましたことをここに書き留めておきます。

なぜなら、あらゆる組織は、陰の功労者に光を当て、感謝できる人間の集まりであってこそ、初めて存続させる意味があるからです。 

カウナスでのひと時

スギハラハウス希望の門の前で

スギハラハウス希望の門の前で

はじめての自由時間

はじめての自由時間

カウナスの優しい人々

カウナスの優しい人々

緊張から解放された笑顔

緊張から解放された笑顔

カウナスでのひと時 カウナスでのひと時 第九要塞前で偶然スギハラハウスの館長と

第九要塞前で偶然スギハラハウスの館長と

カウナスでのひと時 第九要塞博物館にて

第九要塞博物館にて

カウナスでのひと時

 昨日スギハラハウスの外壁塗装も無事終了し、早朝、完成した杉原ハウスを見に行き、そののカウナスの街を散策に参りました。

今日はメインストリートに雑貨や屋台が並ぶ日だったようで、日本で待っている家族や友人にお土産を買うのにちょうどよい一日となりました。

ボランティアとは言え、ホロ―コーストという負の歴史から国家の命令に反し多くの命を救った人道と平和の象徴であり、世界記憶遺産申請中の建物を仕上げることの緊張から解放され、ここカウナスに来てはじめてゆっくり街並み見たり、人々の表情に目を向けることができたのだと思います。

さて、この日は少し足を延ばしカウナス市にある歴史建造物の第九要塞をを見に行ってまいりました。

カウナスには19世紀に帝政ロシアが建造した12カ所の要塞がありましたが、後にそれらは要塞は破壊され、この九番目の要塞が唯一現存する要塞となりました。

第二次世界大戦の最中、リトアニアを占領したナチス・ドイツはリトアニアの各地から5万人にも及ぶユダヤ人をこれらの要塞に収容し、その多く強制収容所に送り虐殺したと言われています。

この悲惨なる歴史の教訓は、悪の芽に気付いたら、たとえ自分自身に火の粉が降りかからなくても、放置してはならないということに違いありません。

政治活動の初めから終わりまで、ユダヤ人に対する憎悪を燃やしつづけたヒトラーは、表向きは民主主義に従うふりをし、巧みに世論を扇動し、自分の気に入らないことは全てユダヤ人に結び付け、自己の妄想のまま、凶器の暴走をはじめたのです。

そして、この狂気に対し本気になって抵抗しようとしたときには、ナチスはドイツを意のままに操る強大な怪物に育ってしまった。

多くの人々は、ナチスのユダヤ人迫害を目にしても、黙って、何もしなかった。

ユダヤ人に対する偏見が広がり、ユダヤ人と他の人々の間に、心の壁ができればできるほど、迫害や支配が容易になり、結局は、見て見ぬふりという、傍観がナチスの論理を与することになってしまたのです。

心の状態で言うならば、いじめの構図と似ているのではないでしょうか…

キリスト教会における、反ナチ闘争の中心人物となったマルティン・ニーメラー牧師は、ナチのの暴虐が進んでいくのを目の当たりにし、どのように思ったのたかを次のように回想しております。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった。

私は共産主義者ではなかったから…

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった。

私は社会民主主義ではなかったから…

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった。

私は労働組合員ではなかったから…

そして、彼らが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。

このような惨劇を2度と起こさないためには、あらゆる人々が、国家や民族、宗教などの差異による偏見や憎悪を乗り越え、同じ人間として友情を結び、傍観者になることなく、悪の芽を早期に摘み取る土壌を養っていくことこそが、迂遠のようであって、最も確実な方法なのではないでしょうか…

塗魂ペインターズの各地における塗装でできる社会貢献活動がそのような土壌づくりの一端を担うことができれば幸いです。

 

スギハラハウスプロジェクト

スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト スギハラハウスプロジェクト

 この度、塗魂ペインターズにおいて、リトアニアのカウナスにある旧日本領事館であるスギハラハウス再生プロジェクトに携わらせて頂きました。

僭越ながら、9/4の開会式において、「何のためにスギハラハウスの再生に携わるのか」について発表させて頂きました。

貴重な機会を与えて下さいました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

----------------------

1
平和の勇者が集う街カウナス、ここに向かう途中、私たち塗魂の心は、天空を駆け抜け、時を遡り、77年前のカウナスに思いを馳せておりました。

時は第二次世界大戦、真只中、憎しみの心に支配された、差別と抑圧の指導者らがいました。
彼らは、国家、宗教、民族など、あらゆる差異で人々の心を分断し、自分の欲望のままに、自分を正当化し、尊き人々の命を虫けらのごとく扱ってきたのです。

2
1940年7月18日、杉原千畝は、ここ、カウナスの日本領事館にいました。
早朝、彼がカーテンを開けると、窓の外には、多くの人々が取り囲んでおりました。
彼らは、けして他人の不幸の上に自身の幸せを築いたわけでもなく、ましてや罪を犯したわけでもありません。
ただ、友のため、家族の笑顔のため、一日一日を懸命に生きてきた、健気なる庶民でありました。
しかし、罪なき彼らが、戦争によって思い出の詰まった住まいを追われてしまったのです。
いつの時代も最も犠牲を強いられるのが、健気なる庶民であります。

3
千畝は、外交官として、定められた仕事をしていれば、誰からも責められることはありませんでした。
しかし、彼は、外交官としてだけでなく、一人の人間として人生の意味を問い、国家の命令よりも生命の尊厳を守るために勇気の決断したのです。
この偉大なる決断は、国境を越え、時を超え、人々の心の中に今も燦然と輝き渡っているのです。

4
さて、あれから、77年の月日が流れ、人々の生活は豊かになり、あの時代のことは、遠く過ぎ去った歴史の一場面のようにも思われます。
しかし、本当にそうでしょうか…、
時が流れても
・差別発言を繰り返す指導者らがいます。
・民衆を犠牲にしながら、軍事力を強化する国家がある。
・自国の安全のためには、他国の罪なき人々が犠牲になってもよいといった、生命軽視の思想がある。

テロリズム、人種差別、ヘイトスピーチ、そして核兵器は、未だ絶えることはありません。
どんなに長く時が流れても、戦争の因は人間の心の中に深く宿っているが故、同じ過ちを繰り返す危険性は至る所にあるのではないでしょうか…

5
では、この世界を分断し破壊する戦争に打ち勝つものは一体何なのか…
それは、「戦争のない世界を、未来の子供たちに贈りたい」との希望を、歴史創造の力へと鍛え上げる「民衆による誓いの連帯」に他ならないと確信するものであります。

・私たちは、いかなる境遇であろうとも、誰もが等しく、無限の可能性を秘めていると信じています。
・その力を一人一人から引き出し、結集していくことで、周囲や社会を変え、やがては国家を、世界をも動かしゆくことを信じている。
・そのためには、「自分如きに世界を変えることはできない」といった無力感やあきらめと戦い、一歩、行動に踏み出す「勇気」が必要だということを確信しているのです。

6
私たち(塗魂ペインターズ)は、けして有力の政治家でもなければ、ましてや、お金持ちでもありません。庶民の中の庶民の、ペンキ屋であります。
しかしながら、千畝の生命に脈打つ世界市民としての魂の鼓動を感じることができます。
そして、カウナスの皆様は、非暴力の「人間の鎖」によって独立を果たした、世界でも稀にみる精神大国の誇り高き市民です。

7
その私たちだからこそ、できることがあるのではないでしょうか…
否、私たちでなければ、できないことがあるのではないでしょうか…

ペイントには蘇生という意味があります。
誇り高きカウナス市民の皆様と共に、杉原ハウスのペイントを通し、絆を深め、
千畝の心に幾度となくこだました「人間には誰しも幸福に生きる権利があり、誰も置き去りにしてはならない!」との思いを、今再び、鮮やかに蘇させたいと思うのです。
8
声を上げたり、行動を起こすことは、何も特別な人間でなければできないことではありません。「平和な生活が送りたい」「大切なものを守りたい」「子供に苦しい思いをさせたくない」との人間として当たり前の感情さえあれば十分です。
戦争のない世界を未来の贈り物にするために、
今、ここカウナスから、カウナスの皆様と、塗魂ペインターズから、「民衆による誓いの連帯」を世界に広げてまいろうではありませんか!