安田塗装 kokoroiki.com HOME > お住まいの塗り替え:遮熱塗装(1)
Part 1遮熱塗料について

塗料の中の特殊顔料が赤外線を反射し、セラミック成分が熱を放射します。塗装することで、屋根の素材温度が15 ~ 20℃下がり、夏の冷房効率を上げることができるので、消費電力の低下につながる塗料です。
建築研究所を中心とした遮熱塗料研究会では下記のように定義しています。
「地球温暖化対策を施した塗料で、熱に関与する赤外線領域を反射する塗料」

通常の塗装工程と同じ3工程で、材料代の差額のみで遮熱機能が得られることから、費用対効果に優れた塗料と言うことが出来ます。

尚、どんなに機能的に優れた塗料を使用しても、その機能を発揮させるか否かは、的確な工事工程が行われることにかかっております。そこで、ここでは「スレート屋根の塗り替え」、「折半屋根の塗り替え」、「屋上防水の改修」について、施工事例を見ながら、遮熱機能を十分発揮させるための工事工程をご説明いたします。

Part 2施工事例A: スレート屋根の塗り替え
東京都調布市 T様邸

施工部位: スレート屋根(外壁塗装時と同時)
塗装仕様: サーモアイSi(日本ペイント)

2009年、ご近所の方からのご紹介により施工させて頂くこととなりました。
下からはあまり見えないので、遮熱の機能性を重視し、反射率の高いライトグレーで施工させて頂きました。
戸建住宅の場合、屋根の下が空気層になっていて、遮熱塗装の効果が室内まで感じられることは少ないのですが、ロフトや空気層のない勾配天井となっている場合には、体感できるケースが多いです。

高圧洗浄
1. 高圧洗浄

最も基本でかつ大切な下地処理です。
この工程が不十分ですと、密着不良を起こし、折角高級塗料を塗装しても早期に剥がれてしまうこともあります。
尚、棟のトタン(鉄板)部分は高圧洗浄だけでは不十分なので、下塗り材の錆止め塗料の密着力を強くするため、サンドペーパー(紙やすり)をあてます。

シーラー
2. シーラー

スレート材に浸透させ、風化した素材を強固にし、上塗り塗料を密着させる働きをする塗料で、下塗り材とも呼ばれます。
こちらで使用しているシーラーは、素材を固めるための浸透性と同時に、上塗り材の機能を最大限発揮させるための造膜性もあり、かつ、上塗り材を透過してしまう太陽光をこの時点で反射する遮熱機能も有しています。

従来塗料とサーモアイの比較

タスペーサー挿入

タスペーサー挿入

タスペーサー
3. 縁切り部材挿入

スレート屋根塗装で重要なのが、スレート瓦の重なり部が塗料によって詰まらないよう、縁切り部材を挿入することです。
この部分が塗料で詰まってしまいますと、ちょうど経年によってゴミが詰まっている状態と同様、毛細管現象により雨水を吸い上げてしまい、吸い上げた水が屋根の外に排水されなくなります。最悪の場合、屋根を塗装したことによって、屋根の下地材を腐食させてしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

中塗り、上塗り 中塗り、上塗り
4. 中塗り、上塗り

プライマーが素材を強固にし、素材と上塗り材を密着させる機能を有するのに対し、上塗り材は素材を守り、色彩を持つ塗料です。
遮熱塗料であっても、保護力は通常の塗料と同様、その塗料の主成分である樹脂により決定されます。

合成樹脂塗料の耐久性

ハナコレコンテスト2009 おめでとうございます

尚、余談となりますが、屋根の遮熱塗装と同時に施工させて頂きました外壁塗装の配色が「ハナコレコンテスト2009」に選ばれました。