安田塗装 kokoroiki.com HOME > お住まいの塗り替え:遮熱塗装(4)
Part 6環境問題に向けて

地球温暖化による環境問題の高まりの中、世界では、京都議定書の採決により温室効果ガスの削減目標などが取り決めされ、カーボンオフセットやグリーン購入などの取り組みがなされ、日本ではグリーン購入法、チームマイナス6%の推進などが実施されています。

とくに先進国と呼ばれる国は高度経済成長を経て物質的に豊かになる過程において、自覚する、しないに関わらず、環境負荷を与えてきたことは言うまでもありません。

以前、塗魂ペインターズイーコトプロジェクト の活動に参加させて頂くにあたり、日本ペイント販売さんの社員の方々とお話しする機会があり、そのことがきっかけで少しづつ環境問題について学び始めています。

しかしながら、不自由のない日常生活を過ごさせて頂いている中、環境問題を実感として捉えられるほど感性が優れている訳でもなく、また、何かを始めようと思ったところで、「私ひとり動いたところで何ら変わらないではないか」、「何をしたらよいのだろう」と戸惑ってしまった時期があるのも正直なところです。
そんな時、ふと10年程前にネット上で広がった「世界がもし100人の村だったら」の文を読み返す機会がありました。

世界が100人の村として集約され紹介されていることで、様々な環境の下、様々な考えをもつ人々がいること、そして、自身が恵まれた環境にいることを身に沁みて感じさせられるのです。
折角なので全てご紹介させて頂きます。

「世界がもし100人の村だったら」 池田香代子再話 C. ダグラス・ラミス対訳

中学校に通う長女の担任は、生徒たちに毎日メールで学級通信を送ってくださるすてきな先生です。
そのなかに、とても感動したメールがあったので、みなさんにも送ります。少し長くてごめんなさい。

今朝、目が覚めたとき
あなたは今日という日にわくわくしましたか?
今夜、眠る時
あなたは今日という日に満足できましたか?
今いるところが、こよなく大切だと思いますか?

すぐに 「はい」 と言えなかったあなたに贈ります
これを読んだらまわりが少し違って見えるかもしれません。

世界には 63 億人の人がいますが、もしそれを 100 人の村に縮めるとどうなるでしょう。100 人のうち

52 人が女性です
48 人が男性です

30 人が子供で
70 人が大人です
そのうち7 人がお年寄りです

90 人が異性愛者で
10 人が同性愛者です

70 人が有色人種で
30 人が白人です

61 人がアジア人です
13 人がアフリカ人
13 人が南北アメリカ人
12 人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です

33 人がキリスト教
19 人がイスラム教
13 人がヒンドゥー教
6 人が仏教を信じています
5 人は、木や石など、全ての自然に霊魂があると信じています
24 人は、他のさまざまな宗教を信じているか
あるいはなにも信じていません

17 人は中国語を話し
9 人は英語を
8 人はヒンディー語とウルドゥー語を
6 人はスペイン語を
6 人はロシア語を
4 人はアラビア語を話します
これでようやく、村人の半分です
あと半分は
ベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などを話します

色々な人がいるこの村では
あなたと違う人を理解すること
相手をあるがままに受け入れること
そしてなにより
そういうことを知ることが大切です

また、こんな風にも考えてみてください
村に住む人々の 100 人のうち

20 人は栄養がじゅうぶんではなく
ひとりは死にそうなほどです
でも 15 人は太りすぎです

すべての富のうち
6 人が59%をもっていて
みんなアメリカ合衆国の人です
74 人が39%を
20 人が、たったの2%をわけあっています

すべてのエネルギーのうち 20 人が80%を使い
80 人が20%を分け合っています

75 人は食べ物のたくわえがあり雨露をしのぐところがあります
でも、あとの 25 人はそうではありません
17 人は、きれいで安全な水をのめません

銀行に貯金があり財布にお金があり
家のどこかに小銭が転がっている人は一番豊かな 8 人のうちの 1 人です

自分の車を持っている人は 7 人のうちの 1 人です

村人のうち
1 人が大学の教育をうけ
2 人がコンピューターをもっています
けれど
14 人は文字が読めません

もしあなたがいやがらせや逮捕や拷問や死を恐れずに
信仰や信条、良心に従ってなにかをし、ものが言えるなら
そうではない 48 人より恵まれています

もしあなたが空爆や襲撃や地雷による殺戮や
武装集団のレイプや拉致に怯えていなければ
そうではない 20 人より恵まれています

1 年の間に、村では 1 人の人が亡くなります
でも 1 年に 2 人の赤ちゃんが生まれるので来年は、村人は101人になります

もしもこの文章を読めたなら
この瞬間に、あなたの幸せは 2 倍にも 3 倍にもなります
なぜならあなたには、あなたの事を思ってくれている誰かがいるだけでなく
文字も読めるからです

けれど何より
あなたは生きているからです

昔の人は言いました
巡りゆくもの、また巡りかえると、と

だからあなたは、深々と歌ってください
のびやかに踊ってください
心を込めて生きてください
たとえあなたが、傷ついていても傷ついた事などないかのように
愛してください

まずあなたが愛してください
あなた自身と、人がこの村に生きてあるということを

もしもたくさんのわたし・たちが
この村を愛することを知ったなら
まだ間に合います
人々を引き裂いている非道な力から
この村をきっと救えます
きっと・・・

大切なことは、環境や社会問題について「実感できる」「実感できない」に関わらず、実感できないながらも、少しずつわかるように努力しつつ、すでに開始している方々の仲間に入り、まずは身近なところに「参加」するという形からでも、開始することなのでしょう。

環境破壊によって住まいを奪われることのない豊かな環境で暮らしていることを、客観的に捉えられるだけの精神的ゆとりを持ち、同じ100人の村で暮らしながら、環境破壊によって生活を脅かされれいる村人に思いを馳せられるだけの感性を取り戻したいと思います。

まずは、人生の半分以上の時間を費やす仕事を通じ、何が出来るかを模索し、塗料開発に携わるメーカー様や心ある多くの皆様と連携し、環境問題の取り組みに参加させて頂こうと思います。

環境問題に向けて