八千代児童発達支援センター

誉さん、墨田さん親子

誉さん、墨田さん親子

森さんごご夫婦と川又さん

森さんごご夫婦と川又さん

塗魂東京長、関東長、会長

塗魂東京長、関東長、会長

プラチナ大野さんと総指揮の菅野さん

プラチナ大野さんと総指揮の菅野さん

菊水化学工業の菅野様

菊水化学工業の菅野様

横須賀の梅澤さん

横須賀の梅澤さん

八千代児童発達支援センター

関東塗魂ペインターズ、今年の最後のボランティアは八千代市の児童支援発達センターです。

地元、菅野建装の代表で、かつ、関東塗魂ペインターズの相談役でもある菅野社長が打ち合わせから下準備を行い作業後は忘年会も行う予定で、多くの関東のメンバーが集う、和やかな活動となりました。

喜んで頂ける塗魂ボランティアの背景には、このように、労を惜しまず、献身的に動いて下さる陰の功労者が必ずいます。

そして、このように陰の功労者を敏感に察知し、労い、感謝できる組織であるからこそ、発展し、温かい人間の血が通った組織へと成長してきたのです。

1週間前に行われたれんげ学園同様、テレビ局が入ったり、子供たちと一緒に行うイベントのように自分たちにスポットライトが当たるような活動ではありませんが、私達こそが光源となり、予算が厳しく、光の当たらない施設にスポットライトを当て、先生や子供たちが、満面の笑みを浮かべ「きれいになったね」と喜んでくれる、心温まる思い出に残るボランティア塗装となりました。

先哲曰く、「人のために火をともせば・我がまへ明らからかなるがごとし」

生きていれば、否、生きているからこそ、様々な悩みも絶えることはありません。

日曜も休むことなく、ボランティアどころではないのではないかと嘲笑されることもあります。

取引先の入金が遅れ、資金繰りに翻弄されることだってあります。

人のため、社会貢献と言えども、大企業でないが故、時間や予算に乏しく、けして大きく華々しいことは出来ないかもしれません。

だから、それがどうしたというのでしょうか…

私たちは、そんなことは取るに足らないことです…

私たちは、自分だけの小さな殻に閉じこもって、自分さえよければ良いといった小さな生き方とは別れたのです。

そして、いい年をしたおじさんになっても、心は生涯青春の気概は忘れたくはないのです。

たとえ中小企業であっても、今日も、明日も、銭勘定だけの経済活動だけにとらわれることなく、自分のことだけで汲々とすることなく、時間的には永遠を、空間的には世界を見つめ、夢は大きく、大空を駆け巡るように、そして、出会う人一人一人に真心を込めて触れ合い、充実しきった人生が生きられるはずです。

このことを、わが身の人生をもって証明して行こうというのが私たち塗魂ペインターズなのです。

そんな私たち塗魂ペインターズを支えて下さる、副資材をご提供下さました、好川産業様、三興塗料様、休憩中の飲み物をご提供くださいました、日進中部様、また、高耐久の新製品をご提供くださいました菊水化学工業様に心より感謝申し上げます。