NEWS新着記事

VISION安田塗装の社会貢献活動

「社会にとってなくてはならない企業」を目指して

人や企業の価値を、「どれだけの金銭や利益を手にすることが出来るのか」という経済的能力に委ねた時代は、私たちの住む環境に取り返しのつかない損害をもたらしました。そして今、そうした経済至上主義はもはや過去のものとなりつつあります。いや、むしろ、過去のものとしなければならないのかもしれません。
近年、先進国の心ある企業を中心に、CSR(企業の社会的責任)やSRI(社会的責任投資)といった社会貢献意識が高まり、企業の目的は利潤の追求でありながら、現在では、社会貢献抜きに銭勘定に終始している企業は、企業活動そのものに疑問を持たれるまでとなりました。

先進国社会の一員である以上、自社利益のみの小さな殻に閉じこもることを良しとせず、たとえ中小企業であっても、社会的な責任を持つことはもとより、積極的に社会に貢献してゆく。これこそが、企業の使命でなければなりません。

安田塗装では、「施工品質および経営品質の向上」は大前提としながらも、「社会貢献活動および環境活動」を最重要視し、お客様によってもたらされた利益を、事業のためだけではなく、社会と環境に還元する活動に継続的に参加させて頂こうと決意しました。

そして、この活動に建築塗装業としての強みを最大限発揮するため、塗料メーカーや販売店、同じ志を持つ全国の同業者の連帯である「塗魂ペインターズ」に参加させて頂きました。
利害を超えた目的に向かい、友との絆を深め、幅広い人々との連帯を広げることこそが、1人の力を何倍にも強めることになり、ひいては自社が社会にとってなくてはならない企業へと成長する礎となることを確信しております。

そして、社会貢献および環境貢献活動に積極的に参加した企業こそが、自社の足下を確固たるものにし、社会にとってなくてはならない企業に成長しうることを、私たちの身をもって証明させて頂く所存です。

株式会社安田塗装 安田啓一

愛しき仲間たち 大野第一児童館

神奈川の田中さん

神奈川の田中さん

埼玉の小池塗装さん

埼玉の小池塗装さん

新潟の新井田さん

新潟の新井田さん

神奈川の柿澤さん

神奈川の柿澤さん

山越さんと上林さん

山越さんと上林さん

向田さん

向田さん

愛しき仲間たち 大野第一児童館

ここ大野第一児童館の集まって下さったのは、神奈川塗魂ペインターズはじめ、東京、埼玉、千葉、茨城、群馬、そして、新潟の皆様です。

社長と言っても、中小企業の経営者ですので、庶民の中の庶民です。

けして時間的に余裕があったり、金銭的に余裕があるわけでなくでもありません。

いつも明るく笑顔を絶やしませんが、来る日も来る日も、家族のこと、従業員のこと、資金繰りのこと、悩みは尽きることがありません。

しかし、そんな中でも集い合うことができるのは、

自分と同じ悩みを抱えている仲間に会うのが楽しみだったり、

喜ぶを仲間と共有したかったり、

自分の子供を仲間に合わせ、何かあれば相談にのってくれる友人はここにいるということを伝えたかったり、

目的は様々ですが、きっと、なんらかの心の糧が得られるからにちがいありません。

塗魂ペインターズは、昼食の時間や休み時間の間に、経営についての悩みを先輩に相談したり、それを相手の身になって真摯に答える上下関係ではない友情関係の血の通った組織です。

きっとその話が人から人へと伝わり、人が人を呼んで全国160社の大きく、温かな組織になったのでしょう。

美しき益子直美様

美しき益子直美様
子供たちと一緒にペンキ塗り

子供たちと一緒にペンキ塗り

美しき益子直美様
美しき益子直美様
美しき益子直美様
美しき益子直美様
美しき益子直美様
美しき益子直美様
美しき益子直美様

今年初め、シチズン賞の授賞式の際、審査員をしてくださっていた益子直美さんとお知り合いになることがでました。


シチズン賞とは【以下引用】
日本人および日本に在住する外国人の中から、市民社会に感動を与えた、あるいは市民社会の発展や幸せ・魅力作りに貢献した市民(個人もしくは団体)を1年単位で選び、顕彰する制度。市民主役の時代といわれる中にあって、広い視野から市民を顕彰する賞がほとんど見られなかったことから、社名に“CITIZEN(市民)”を掲げるシチズン時計が1990年に創設したものです。略称「シチズン賞」。

あらためまして、塗魂ペインターズを選んで下さいました審査員の皆様の心より感謝申し上げます。

さて、益子直美さんは、背がスラっと高く、美しく、そして、カッコいいです。

ありがたくも、懇談させて頂く機会もあり、今度神奈川の方でボランティアがあったら声をかけて下さいと仰って下さって頂いたのですが、声をかけさせて頂きましたら、本当に来て下さいました。

多くの場合、社交辞令で終わってしまうことも多いのですが、ご多忙の中、駆け付けて下さいましたことに本当にありがたく思います。

さて、ここ大野第一児童館では、塗魂ペインターズよりも圧倒的に知名度のある益子さんがいらっしゃって下さったことで、会場は騒然です。

もともとDIYがお好きなようなこともあり、器用なことはもちろんのこと、作業着姿もきまっています。

そして、本当にありがたいことに、子供たちと一緒になってペイント作業に入って頂きました。

ペインターズのメンバーにとっても、益子さんは誰もが知っているアイドル存在です。

特に自分の子供がバレーボールをやっているのであれば、自慢したくてどうしようもないのしょうか…

普段は黙々と作業を行うメンバーもこの時ばかりは、集中できず、手を止め、段々と益子さんの周りに集まり始め、小声で「益子さんと2人の写真を撮ってください」と声をかけられます(笑)

そんなわがままな私たちのお願いに、一人一人丁寧にお応えいただき、何枚もの写真に収まって頂き、更に公開させて頂くことも快く承諾して頂きました。

優しく、美しく、そしてカッコいい益子直美さんに心より感謝申し上げます。

そして、この日の作業の様子をブログでご紹介下さり、重ねて心より感謝申し上げます。

益子直美 OFFICIAL BLOG

後日、この日以外のブログを拝見させて頂きました。

幼少期の時のこと、ご夫婦のこと、ご家族のこと、華やかなテレビ画面からはけして伝わらない赤裸々な内面の様子がつづられているのを拝見し、自分の体験を通し、多くのファンの方々に勇気と希望を送られていることに気付かせて頂きました。

あらゆる試練を乗り越え、人の心のわかる懐の大きな益子さんとご縁できましたことに、あらためて心より感謝申し上げます。

大野台第一児童館

大野台第一児童館
大野台第一児童館
大野台第一児童館
大野台第一児童館
大野台第一児童館
大野台第一児童館
大野台第一児童館

本日は神奈川県の相模原市の大野台児童館にて子供たちとのペイント教室です。

昨日の時点で背景となる壁を真っ白に塗り、それをキャンパスに見立て親子で色とりどりの水性ペイントを使用し好きな絵をかいて頂くこととなりました。

 

スギハラハウス

研修修了

研修修了
研修修了

 11日に来日して、6日間の研修を修了し、3人の学生が帰国の途に就きました。

現場研修から、塗料メーカーでの個人セミナー、温泉やうどんづくり、かなり密度の濃い6日間となりましたが、笑顔で本当に頑張ったと思います。

この秋、6000千人のビザを発行し命を救った、カウナスの旧日本領事館である杉原千畝ハウスで再会できることを願って…

 

映像は9月のスギハラハウスプロジェクト完了後に作成させて頂いたものです。

リトアニア大使館

リトアニア大使館

リトアニア大使館

書記官と懇談

書記官と懇談

書記官を囲んでの記念撮影

書記官を囲んでの記念撮影

 さて、六本木ヒルズとテレビ局の見学を終え、本日の目的であるリトアニア大使館を訪問させて頂きました。

残念ながら大使は不在でしたが、書記官の方が丁重に迎えて下さり、研修生3人をあたたかく激励していました。

国家の盛衰や世界の平和と言っても、所詮、将来を担う青年の胸中にあります。

迂遠のようであっても、未来ある若き青年の激励の中にこそ、その国の繁栄の因を刻み、国家を超えた若き青年同士の友情を育む中にこそ、世界の平和があるに違いありません。