ガイナ施工事例屋根塗装

毛細管現象回避

タスペーサー+α

毛細管現象回避

只今、練馬区春日町にて、屋根・外壁ガイナ仕様、付帯部はファイン4Fセラミック仕様の現場を進めさせて頂いております。

画像は屋根塗装において、下塗りに遮熱プライマーを塗装し、スレート瓦の重なり部分を刷毛で塗装した様子です。

材料は塗断熱材のガイナです。

ガイナはシリコンやフッソなどの合成樹脂塗料とは異なり、細かいセラミックビースが80%を占める材料のため、仕上りはざらつき感があり、塗膜の厚さも厚くなります。

経年劣化によってスレート瓦が反り、重なり部分に十分な隙間がある場合は問題にはなりませんが、重なり部分がほとんどない場合、塗膜が厚いゆえ、ローラーだけに頼って塗装を進めてしまうと、合成樹脂塗料と異なり、重なり部分に材料が詰まってしまうリスクが大きいと言えます。

そうしますと、雨の日、毛細管現象によって重なり部分を吸い上がった水が抜けない状態となり、塗装したことが、かえって雨漏りを引き起こしてしまう要因となってしまうことがあります。

もちろん、縁切り部材であるタスペーサーを使用することが大前提ですが、勾配が小さく、かつ、スレートの重なりが非常に小さく、ローラーだけでは塗料が詰まってしまう危険があると判断した場合、このように重なり部分を刷毛で塗り、隙間が埋まらないよう細心の注意をして進めます。

たとえ、下塗り:遮熱プライマー+上塗り:ガイナ2回という、塗装仕様が同じであっても、一つひとつの建物や状況の応じて最適な塗装工程を行い、建物の寿命を延ばすことが塗装専門店としての使命であると考えております。

bnr_gainanokokoro_w180.gif

関連ブログ

基本作業に心を砕く

大切なこと

ガイナ施工事例

ガイナ×ナノコンポジットW

ガイナ×ナノコンポジットW

スレート部分はガイナ

外壁サイディングはナノコンポジットW

外壁サイディングはナノコンポジットW

ナノコンポジットWの仕上は3分艶程度

ナノコンポジットWの仕上は3分艶程度

只今、練馬区内にて、屋根は塗る断熱材のガイナ仕上げ、外壁サイディングは、艶の抑えられた上品な仕上がりで、セルフクリーニング効果の高いナノコンポジットWの仕上げで、非常に費用対効果のバランスの良い仕様で施工を進めさせて頂いております。

またサイデイング材の下塗りにはリフレッシュサフェーサーエポで上塗り材のナノコンポジットの機能を引き出し、屋根の下塗り材には遮熱効果と防錆効果もあるエポラオールプライマーで、ガイナの断熱効果を引き出すよう選定させて頂いております。

ガイナ×ナノコンポジットW仕様は、当社において数多くの施工実績があり多くのお施主様に喜ばれ、自信を持ってお勧めさせて頂いている塗装仕様です。

初心忘れることなく、一人一人のお施主様に喜んで頂き、ご信頼を頂けますよう誠心誠意取り組ませて頂きます。

bnr_gainanokokoro_w180.gif

サイディング

リフレッシュサフェーサーエポ

シーラー+微弾性フィラーの機能

リフレッシュサフェーサーエポ

リフレッシュサフェーサー塗装後

リフレッシュサフェーサー塗装後

リフレッシュサフェーサー塗装後

 画像は窯業系サイディングの下塗りを完了した様子です。

下塗りには粘度が低く、下地の機材に吸い込ませ、基材を固める機能のあるシーラーと粘度が高く細かいクラックを埋める機能にある微弾性フィラーがあります。

この「リフレッシュサフェーサーエポ」は、水谷ペイント開発の下塗り材で、シーラーと微弾性フィラーを機能を併せ持つ下塗り材です。

実は今年初めにコンクリートの平滑面の下塗りで使用したところ、隠蔽性が良く、上塗りがきれいに仕上がるので、サイディングなどの下塗り材で使用させて頂くこととしています。

名前に「エポ」とありますようにエポキシ変性の下塗り材のため下地材との密着が良く、写真の通り、隠蔽性に優れ、塗り重ねが出ないため、上塗り材が十分な機能を発揮されると考えられます。

シーラーや微弾性フィラーと比べますと、少し材料代は高くなりますが、どんな材料を塗っても職人の人件費は同じ費用がかかりますので、綺麗な状態ができる限り長く続きますよう、下塗り材にも十分配慮する施工店であり続けたいと思います。

リフレッシュサフェーサーエポ

八重山塗膜暴露視察3

水谷ペイント西表島暴露試験場

八重山塗膜暴露視察3 八重山塗膜暴露視察3 八重山塗膜暴露視察3 八重山塗膜暴露視察3 八重山塗膜暴露視察3

 さて、昨日の日本ウェザリングテストセンター、日本ペイント宮古島ウェザリングセンターと続き、本日は西表島の水谷ペイントの西表島暴露試験場を拝見させて頂きました。

水谷ペイントは日本ペイントや関西ペイントにような車両用塗料まで製造する塗料の総合塗料メーカーではないため、塗装業界以外に方には馴染みが少ないと思いますが、日本三大技術賞の一つである井上治成賞(科学技術振興機構)や工業技術賞を受賞する研究開発には定評のある建築塗料メーカーです。

なかでも、ナノコンポジットWは、シリコン樹脂塗料以上お耐久性を持ち、艶の抑えられた上品な仕上がりで、セルフクリーニング効果の高い高機能塗料でありながら、石油資源を半分に減らすことで地球温暖対策に貢献する環境に優しい塗料です。

そして、当社のお薦め塗料でもご紹介させて頂いておる通り、ナノコンポジットWを製品化当初より使用させて頂いており、水谷ペイントのパートナー施工店でもあります。

しかしながら、このような暴露試験場は研究開発途上の企業秘密ともいうべき素材が多くあり、万が一にも大切な情報が流出させてしまうことは大きな損失となってしまうので、社内でも反対の声があったとのことです。

そんな中、水谷ペイントの水谷専務様が、台湾での仕事からの帰路、西表島暴露試験場に寄って頂き、ご同行して下さることとなり、拝見させて頂くこととなったのです。

水谷ペイントの西表暴露試験場も、暴露結果を正確かつ迅速に行えるよう細かい工夫がされ、色差、光沢保持率、弾力性などのデーターを数値化できるだけでなく、他社の新製品が出ると必ず暴露試験を行う研究熱心な様子がうかがい知ることができ、塗料の改善・開発における心を感じ取ることができます。

専務曰く、ここで他社様の新製品の暴露試験を行っていると、暴露結果の数値を通し、各メーカーの研究開発にかける真剣度の度合いがよくわかるとのこと。

長年、塗料の研究開発に携わり、自他彼此の心なく、数値化されたデーターを基に自社製品にも厳しい眼で評価できる技術者だからこそ、カタログに記された心地よい言葉に惑わされることなく、製品に向こう側にいる技術者の心までが見えてくるのだろうと思われます。

この度、技術のトップでもある水谷専務より直接暴露試験場にてお話をお伺いできたことは暴露試験場を見学させて頂いた以上に有意義な時間をなりました。

関連ブログ

八重山塗膜暴露視察1(日本ウェザリングテストセンター)

八重山塗膜暴露視察2(日本ペイント宮古島ウェザリングセンター)

八重山塗膜暴露視察2

日本ペイント宮古島ウェザリングセンター

八重山塗膜暴露視察2

晴れた日は5月であっても30度の宮古島

センター自らがご説明

センター自らがご説明

40000にものぼる試験板

40000にものぼる試験板

信頼できる仲間と共に

信頼できる仲間と共に

 さて、暴露試験場の公的機関である日本ウェザリングテストセンターを後にして、日本ペイントの宮古島ウェザリングセンターを見学させて頂きました。

日本ウェザリングテストセンターが、各企業からの試験体の暴露スペースを提供する施設に対し、日本ペイントのウェザリングセンターは単に暴露状況を観察するにとどまらず、暴露結果を利用し新製品を開発するための施設です。

工業品から車両、そして建築塗装の見本板が40000枚もの試験板を設置することができ、センター内には、分光式測 色計、気象観測機器(日射計、紫外放射計、結露計など)を備え、試験板を管理しているスタッフが常時管理を行っています。

センター長自ら私たちを出迎えて下さり、まずはセンターの概要の説明をして下さいました。

曰く、「宮古島は、世界の暴露試験基準地域とされているフロリダと同程度の緯度に位置し、海洋性亜熱帯気候区高温 多湿型気象条件という、塗膜劣化促進には最高の環境にある。

さらに、同センターは海岸から約100mの距離に あり、塩害による耐食性試験にも適している。

同センターでは、自動車や建物などに塗装される塗料を試験板や塗装実物な どに塗装し、その塗膜が太陽光や雨などの自然環境の下ではどのような要因で、どの程度劣化するのかを調査 する暴露試験を新製品開発のデーターに利用している」とのこと。

暴露試験場という名前ではあるものの、40000枚にも上る試験板にはクロスカットや碁盤目試験の跡があり、紫外線や塩害による暴露状況はもとより付着テストから汚染テストが行われ、製品開発にかける研究者の本気の魂が垣間みえ、試験場というより研究所の如き雰囲気さえあります。

考えてみれば、自社の扱う塗料が耐候性があるかどうかを確認するだけの施工店とは異なり、塗料メーカーにしてみれば、新製品の開発はメーカーとして存続を決定する重要な部門です。

たとえ東京の3倍に紫外線といえども、促進耐候性試験と比較し、時間を要する屋外暴露試験において、定期的の目視で劣化状況を見るだけでは、メーカーとしての存続は不可能と言わざるを得ません。

暴露試験の価値とは、塗料の暴露状況を目視の曖昧な言葉で表現するのではなく、基材との付着性、色差、光沢保持率、汚染度等様々な観点から数値化し、それらの数値の変化が何の要因によるものなのかを導き出し、それをできる限り短期間にまとめ上げ、製品の改良や新製品の開発に応用することに違いありません。

関連ブログ

八重山塗膜暴露視察1(日本ウェザリングテストセンター)

八重山塗膜暴露視察3(水谷ペイント西表島暴露試験場)