東京ドーム

東京ドームシティアトラクションズ

高い志が工程を輝かす

東京ドームシティアトラクションズ

開園前の試運転

エポキシ樹脂白錆止

エポキシ樹脂白錆止

鮮やかな燈色仕上

鮮やかな燈色仕上

東京ドームシティアトラクションズ

 数年前は元請け業者様の協力業者として入らせて頂いていた東京ドームシティアトラクションズ。

元請け様の廃業に伴い、一時は離れてしまいましたが、昨年の年末より東京ドームシティ様より直接お声がけ頂け頂き、年末より一つ一つの仕事を丁寧に仕上げさせて頂き、今年になって目立つ部分の塗装にもお声がけて頂いております。

遊園地は年中無休なので、仕事をさせていただける時間帯は、終了後の夜間か開園前の早朝になります。

夜はたとえ電灯を使用しての工事であったとしても、暗く、仕上に見落としが生じやすいため、早朝工事を希望させて頂き、7:00~10:30の一日当たり3時間半の時間で仕事を進めさせて頂いております。

開園前には今か今かと楽しみにしていた親子や子供たちが、門が開くや否や、満面の笑みをたたえながら、我先にへといろんな乗り物へ向かって走ってきます。

錆びて剥がれかけていた塗膜をきれいに落とし、再び錆が出ないよう、錆止め塗料を丁寧に塗り、くすんでしまった色を再び鮮やかに蘇らせる。

塗装職人ならだれもが知っている当たり前の塗装工程。

しかし、ただ言われるがままペンキを塗っているだけでなく、また、お金の対価として綺麗にしているわけでもなく、訪れる子供たちやご家族の笑顔に触れ、この一つ一つの工程が、訪れる家族の幸せのきっかけにかることを信じ、ご家族に幸せを願いながら仕事をさせて頂く、その心の中にこそ、幸せがあるに違いありません。

高い志の大目的が定まればこそ、目の前にある一つひとつの工程も、かけがえのないものとして輝きを増してくるからです。

ガイナ施工事例

真心こめた仕事

真心こめた仕事

板金釘頭の玉状シーリング

サッシの養生

サッシの養生

リシン吹付面の入隅の見切り

リシン吹付面の入隅の見切り

画像は、戸建て住宅の塗り替えにおいて、

①屋根板金の釘が経年によって浮くのを防ぐために、釘頭にシーリングを玉状に充填した様子

②塗装後養生を剥がしたときに、真直ぐな線ができるよう、既存の塗膜からほんの僅かだけ逃げて養生のテープを貼ってある様子

③天井と壁の入り隅に真直ぐな線ができるよう、入隅からほんの数ミリ見切り線をずらしている様子です。

いずれも職人として塗装の仕事を携わる中で、いかに美しく、段取り良く作業を行うかを考慮し、お施主様に喜んで頂くための配慮で、見積書に言葉として反映していることでもありませんし、指摘されなければ気付かない部分でもあります。

また、この配慮が完成後の耐久性に対し大きく差が出るとは言えないかもしれません。

では本当にそうなのでしょうか…

次元は異なりますが、古代エジプトのピラミッドは時間の経過とともに、あるものは破損が大きく、また、あるものは崩れ去る中で、クフ王のピラミッドだけは今なお原形を留めております。

この違いは一体何なのか…

この採石場からは石工たちの労働歌やファラオへの賛歌、自分たちの組名などを刻みつけた文字が発見されてという報告もあり、そこに表れている人々の素顔は強制的に駆り出された労働者というより、ピラミッドの建造に従事することを誇りとし、喜びとした技術者といった感じがするとのことです。

フランス考古学界の最高権威であるジャン・ルクラン教授はピラミッドの永遠性の理由を「非常なる熱意と完全なる計算。そして長い時間をかけて一生懸命、心をこめて造ったことだ。信仰と正直さを持った心が、それをなしとげたのだ」と結論されました。

私は、このような心の違いによる施工品質の違いは時空を超えてあらゆる物事に当てはまると考えております。

塗装工事おいても、一つ一つの工程に対し、心を込めて情熱をもって取り組むことのできる職人は、塗装準備の塗料の攪拌、塗装時におけるあらゆる飛散場所を想定したきめ細やかなる養生、塗料がその機能を十分に発揮できる下地造り、2液反応硬化系の主剤と硬化剤の割合に対する厳密な計量、塗料の希釈率や塗布量、塗り重ね乾燥時間の厳守など、あらゆる場面において完璧なる工程を行うことができています。

次元は異なれど、クフ王のピラミッドが今も原形を留めており、その違いが、その仕事に携わった職人の真心と情熱が起因していると結論されているように、仕上がった時に大きな差は出ていなくても、仕事に対する真心と情熱は後になって明確な形となって現れてくるのです。

東京ドーム

東京ドーム外構工事

昨年施工させて頂いた塗装工事

昨年施工させて頂いた塗装工事

 昨年から携わらせて頂いた東京ドーム内の外構工事に、本年は本日から開始させて頂きました。

大変ありがたいことに、竹中工務店様が陣頭指揮する工事区画内において、塗装工事に関しましては、分離発注にて、東京ドーム様より直接ご依頼を頂いております。

他の業者様に配慮させて頂くとともに、ご信頼にお応えできますよう誠心誠意取り組ませて頂きます。

ガイナ施工事例下地処理

たいせつなこと

フィラー擦り込み

たいせつなこと

ヘアクラック刷り込み

ヘアクラック刷り込み

ヘアクラック刷り込み

星の王子様ミュージアムにて

星の王子様ミュージアムにて

 今年初めに携わらせていた頂いております当社と同じ豊島区内のお住まいです。

塗装仕様は「塗る断熱材」のガイナで仕上げさせて頂く予定です。

上の画像2枚は高圧洗浄後に行っている下地処理で、ヘアークラック部のフィラー擦り込みの様子です。

ヘアークラックとは文字通り、髪の毛ほどの細いひび割れのことを言います。

この部分は粘度の高いフィラーをローラーで塗ってしまっても、しばらくは、隠れてしまうのですが、ローラーではひび割れの中にフィラーが入り込まず、経年によって再び生じてしまうので、見た目だけきれいに見せるその場しのぎの塗装となっていまいます。

そこで、5年先、10年先を考慮し、腰のある固めの毛の刷毛の先端にフィラーを付けクラックの目に沿ってフィラーをクラックの中に擦り込んでいく工程です。

ごく細いひび割れなので、調査の段階では、特に上の方ほど、見落としてしまいがちで、足場をかけ、高圧洗浄することで現れ、現場に入って想像以上に多くあることに気付くことも多々あります。

目先の利益や引き渡し直後の仕上げだけを考えたり、言われたことだけをやればよいと思っていると、相応の時間と費用をかけてこのような工程を行う意味を見出すことは難しいかもしれません。

しかしながら、職人としての誇りと、自分自身を信頼して下さったお施主様の真心に思いを馳せると、けして怠ることのできない大切な工程です。

このクラックの擦り込みの下地工程は、目的のひび割れにフィラーを擦り込むことの他に、仕上がった際に補修跡が目立たないよう、擦り込んだ周辺の壁をぼかすことが大切です。

自分自身が行った大切な工程を、あえてわからないようにするのです。

このような下地処理は仕上がってしまうと目には見えなくなってしまいますが、3年5年10年という歳月を経ることによって、「きっと、丁寧にやってくれたんだろうなぁ」とはじめてわかる職人の心の現れです。

誰もが読んだことがある「星の王子様」で、作家であるサン=デグジュベリは、王子様に対しきつねにこう語らせます。

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない」

心は目に見えず、その心に伴った行為も仕上がった時には見えなくなってしまいます。

しかし、けして消えてなくなるのではなく、時の経過の中で、再びがその心が現れてくるのです。

その心は、心の目で初めて見ることができるのでしょう。

 

bnr_gainanokokoro_w180.gif

外装木部

木製ガレージドア

木製ガレージドア

シッケンズのこて刷毛仕上

木製ガレージドア

今年最初の仕事の一つに木製ガレージドアの塗り替えをさせて頂きました。

20年ほど前、はじめて知人の木製ガレージドアを塗装させて頂き、その後メンテナンスの様子をホームページで紹介させて頂いのを、木製ガレージドアメーカーの担当者様がご覧くださり、的確なメンテナンスと仕上げの美しさをご評価いただき、数多くの木製ガレージドアに携わらせて頂いております。

画像は松脂をエタノール絵除去した後、シッケンズセトールHLSeで仕上げている様子です。

シッケンズは浸透性で木材の調湿機能を生かしながら、呼吸を妨げない薄い塗膜を形成するので、そこ艶のある美しい仕上で、雨水にも強いのが特徴です。

シッケンズ

木製ガレージドアは木の調湿機能を生かすことと、木目の美しさを生かすため、多くの場合、浸透型塗料でかつ半透明のクリアー塗料で仕上げます。

木材保護塗料には、合成樹脂系のキシラデコールやシッケンズ、自然塗料系のオスモウッドステインプロテクターやプラネットカラー、水系のガードラック等多くの種類の中から、お施主様のご要望に応じて的確な塗料を選定させて頂き、メンテナンスにおいては、経年により松ヤニ除去やあく洗い等、的確な下地工程を行うことで、長く美しい状態を保つことができます。